新しい在留資格「特定技能」

「特定技能」は、特に人材不足の14業種を対象にした新しい在留資格です。

対象14業種 介護業、 ビルクリーニング業、 素形材産業、 産業機械製造業、 電気・電子情報関連産業、 建設業、 造船・舶用工業、 自動車整備業、 航空業、 宿泊業、 農業、 漁業、 飲食料品製造業、 外食業
特長 勤務時間の制限なし、学歴要件なし
単純労働も対象
許可された分野内での転職が可能
労働者側の条件 特定技能評価試験・日本語能力の試験あり
技能実習2号修了者は試験免除
受入れ企業側の条件 対象14業種であること
外国人の在留管理や支援経験者が在籍すること、および支援計画を作成し、支援を実施すること(委託可)
支援実施状況や変更についての届出を行うこと(委託可)
外国人の在留管理などは「登録支援機関」である永興教育にお任せください。
当社は登録支援機関として登録申請済。

「特定技能」の試験免除対象者、技能実習2号


「特定技能」の対象となる労働者は、特定技能評価試験・日本語能力の試験で基準を満たさなければなりませんが、技能実習2号を優良に修了(3年)した者はこれらの試験が免除になります。


技能実習生経験者はのべ175万人以上。
そのうち「特定技能」の試験免除対象になる、技能実習2号への移行者は年々増えている → 試験免除の特定技能候補者が多数いる

職種別では食品製造・機械・建設が多く、次いで農業となっています。
これらの分野での技能実習2号修了者が世界に何万人もいます。

「特定技能」試験免除の条件と、対象者の例


技能実習2号を優良に修了とは、「技能検定基礎3級」以上の資格を取得しているという意味です。
技能実習内容(職種)と、取得資格が記載された修了証書により、技能レベル証明になります。

ベトナム人男性
27歳


東京で、技能実習2号修了
実習内容:型枠工事
特定技能の「建設分野」
(型枠工事作業)に申請可
日本語能力試験N3合格済

技能実習2号を優良に修了とは、「技能検定基礎3級」以上の資格を取得しているという意味です。
技能実習内容(職種)と、取得資格が記載された修了証書により、技能レベル証明になります。